読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TmBoxニュース

DTMや同人系のイベントやソフトウェアなど、音楽関係の情報をのんびり伝えていくニュースサイトです。取り扱って欲しい話題などあればTwitterまで連絡下さい。

【卒業ソングの定番】に初音ミクが仲間入り?10代からの圧倒的支持でランクイン!

VOCALOID 初音ミク ランキング 雑誌 卒業

f:id:vu2:20150319013810j:plain

3月といえば卒業の季節。旅立ちの日に聞いたあの曲を未だに覚えている人も多いことでしょう。

音楽情報誌「CD&DLでーた」(KADOKAWA)が、10~30代の男女を対象としたインターネット調査を基に作成した「卒業ソング」ランキングをネット上で公開しています。

 

 ランキング

1位:卒業写真/荒井由実
2位:3月9日/レミオロメン
3位:贈る言葉/海援隊
4位:my graduation/SPEED
5位:卒業/尾崎豊
6位:さくら/森山直太朗
7位:YELL/いきものがかり
8位:道/EXILE
9位:卒業/斉藤由貴
10位:乾杯/長渕剛
11位:桜ノ雨/absorb feat.初音ミク
12位:栄光の架橋/ゆず
13位:手紙 ~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ
14位:旅立ちの日に…/川嶋あい
15位:想い出がいっぱい/H2O
16位:桜/コブクロ
16位:未来へ/Kiroro
18位:さくら/ケツメイシ
19位:卒業の歌、友達の歌。/19
20位:キセキ/GReeeeN

 

1位には2014年に続き「卒業写真」(荒井由実)が輝きました。1975年に発表され、多くの人の卒業を見送ってきたこの曲は、若い世代からも支持を集める不動の定番ソングです。

  

2位には「3月9日」(レミオロメン)が、ランクインしました。毎年三月になるとカラオケ等でも人気のある定番曲です。

 

そして、10代の支持を集め11位にランクインしたのが「桜ノ雨」(absorb feat.初音ミク)。最近では新たな卒業ソングとして、小中学校でも歌われる事が増えてきているそうです。

 

 

ネットを離れ広く歌われるようになったボーカロイドソング

おっさんである自分にとってはちょっとした衝撃ですが、若い世代にとっては「ボーカロイドソング」と「JPOP」をわざわざ分けて考えることもなくなっているのかもしれませんね。

ちなみにこちらの「桜ノ雨」は2015年中の映画化が発表されています。そちらもチェックしてみてください。

 

news.tmbox.net

 

初音ミクが発売したのが2007年、当時小学1年生だった子供が今では中学2年生……時代の流れを感じます。様々な面で取り上げられることも多くなったボーカロイドソング、これからも目が離せませんね。

 

関連リンク・ニュース元

prtimes.jp

CD & DLでーた 2015年 4月号 [雑誌]

CD & DLでーた 2015年 4月号 [雑誌]

 
桜ノ雨(さくらのあめ)

桜ノ雨(さくらのあめ)

  • 作者: halyosy,藤田遼,優
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 52回
  • この商品を含むブログを見る